英語以外の外国語も同時に学べる留学

留学で一番人気があるのは英語を学ぶコースで、渡航先はアメリカ合衆国やオーストラリア、ニュージーランド、イギリス、カナダなどがよく選ばれています。


確かに英語を学ぶためには英語が公用語の国へ行くのが一番ですが、ほかに行ってみたい憧れの国や気候風土が自分に合っている国、歴史的な街並みや観光地があって好きな国などがあればそこで英語を勉強することも可能です。



最近は世界中の大学で英語の授業が行われているのでどこでも学ぶことができて、私立の語学学校もあらゆる国にあるので英語のコースを受講することができます。
英語以外の言語が公用語の国に留学すれば、日常生活で別の言葉を覚えることができて新鮮です。

ドイツやフランスで大学や語学学校に行けば英語の授業以外の時間にはドイツ語やフランス語を使う機会があり、自然に簡単な会話力が身に付きます。

NAVERまとめの情報はこちらのサイトがオススメです。

カナダやフィリピンなど英語以外の公用語もある国なら2つの言語を並行して学ぶこともできます。

留学についての情報ならこのサイトです。

スウェーデンやフィンランド、オランダ、デンマークなどでは英語が公用語でなくてもほとんどの人が流暢に英語を話すので苦労することもなく、憧れのヨーロッパの国で生活する機会が作れます。

せっかく海外で長期滞在するなら英語が公用語の国という概念にとらわれず、好きな渡航先を選んで英語以外の外国語を学んでみたり、語学学校や大学の英語コースを受けながら日常生活を楽しむなど自分だけの留学をアレンジしてみましょう。